Hey, Hey, What Can I Doも好きです。

人口減少・少子高齢化が進んでいるというのはもう十分すぎるくらい耳に入ってきてます。ちょっと前は日本への移民は少なく、国際的にも移民を受け入れるようにプレッシャーがかかっているというふうに認識していました。しかし、OECDの2015年の統計資料によると世界4位の移住者がいたとのことです。

https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/420486/

日本政府としては長年労働を主体とする移民は存在しないと公には認めていませんでした。でも実際のところ、工場や農場などでは着実に移民は進んでいるし、都心でも技術者としてインドやアジアからの労働者が多くなってきています。

現在建前上研修生として日本に呼び込み、研修が終わったら海外に返してしまうという状態になっています。せっかく数年の歳月をかけて育て、文化にも馴染んだ海外からの労働力を返してしまっている状態はなんとかならんのかなぁと思う次第です。このあたりいろいろと調べて深堀したいとおもっている分野です。